松井秀喜の子供の頃


今やメジャーリーグでも大活躍の松井秀喜ですが、子供の頃の夢は、やはりプロ野野球選手だったそうです。

スポンサードリンク

単純に野球が好きだったという理由からのようです。

そして、パイロットという夢も実は持っていたようです。
これも、野球と同様大好きなものだったという事です。

小学生からの座右の銘は、「努力できる事が才能である」という言葉です。

小学3年生の頃、父の昌雄さんから教わったもので、昌雄さんが半紙に書いたその言葉を、ずっと机の前に貼っていたと言われています。

誠実さから周りの信頼を集めていたのは、少年時代からのようですね。

そこで、ちょっとしたエピソードを紹介したいと思います。

松井が所属していた少年野球クラブの主将を決める時の出来事です。
このクラブでは、毎年恒例として引退する6年生が次の主将を決めていました。

スポンサードリンク

松井が5年生の年、引退する先輩が選んだのは、その年に入部したばかりの松井選手ではありませんでしたが、選ばれた選手が中心になり、同級生で話合った結果、監督に願い出て松井を主将にしたそうです。

人柄をあらわすエピソードは、中学生時代にもありました。

それは、松井選手が中学2年生の時の、中部日本中学野球選手権大会での出来事です。

決勝戦で惜しくも敗退し、3年生はその試合を最後に引退ということになりました、
松井選手が試合に出たことで、ベンチで引退を迎えた3年生に、準優勝メダルを差し出したそうです。

「僕らは、来年金メダルをとるので」という一言を残して・・・。

その他、甲子園のときの事など、松井選手の人柄や信条をあらわすエピソードは尽きません。

これらは、「松井秀喜ベースボールミュージアム」や濃美市観光物産情報サイト「55nomi(ココノミ)」でも紹介されています。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

イチローの子供の頃
イチローの父、鈴木宣之氏の言葉に、「毎日の努力はずっと続けていれば必ず報われる......
佐々木主浩の子供の頃
宮城県仙台市出身の佐々木主浩選手は、メジャーリーグでも活躍しました。 プロ野球......
松坂大輔の子供の頃
今やメジャーリーグで活躍している松坂ですが、実は意外なもので、5歳~小学校3年......
目標にする野球選手がいる意味とは?
将来、野球選手になりたいと願って日々頑張っている子供達の中には、やはり目標にす......
野茂秀雄の子供の頃
野茂秀雄は、日本人メジャーリーガーの草分け的存在です。 彼は大阪出身で、子供の......
少年よ!がんばれ!
子供よ頑張れ!  少年野球チームが各地で結成されており、ご苦労されながら皆さまの......

▲このページのトップへ


美味しくて溶けやすい!
体を大きく、力を強く!
成長期をサポートします
負けない体を作りましょう!




HOME

携帯版のQRコード

野球少年に教えてあげたい少年野球の知識:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://e-hadith.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。