子供の筋力トレーニングの注意点


ここでは、子供の筋力トレーニングの注意点をお話していきたいと思います。

スポンサードリンク

早速ですが、子供の筋力トレーニングの注意点としては、負荷をかけ過ぎないこととビタミンやミネラルなどの栄養素をしっかりと摂る事が挙げられます。

骨端線(軟骨と骨の境目)が開いている子供は、重い負荷をかけたトレーニングを行うと、骨端線が傷つき、成長障害を起こす危険性があります。

子供が筋力トレーニングをすると身長が伸びなくなると言われているのは、このためだと思われます。

また、体の成長にたくさんの栄養素を必要とする時期ですので、栄養の偏りには充分に気をつけてあげて下さい。

もし、栄養素が足りていないのに筋力トレーニングを行うと、本来なら体の成長に使われるはずの栄養素がトレーニングで消費されてしまいます。

必要に応じてサプリメントも利用して、カルシウムなどのミネラル、各種ビタミン、タンパク質が不足しないようにくれぐれも気をつけましょう。

骨や関節がきしんでいるように感じる時には、筋力トレーニングをしないようにするのも大切だと思います。

スポンサードリンク

少しでも体に異常が見られたら、すぐに筋力トレーニングを中断しましょう。
場合によっては医師の診断を受けてください。

骨端線が閉じる17歳頃までは、筋力をつけることよりも、骨端線を傷つけないことを最優先しましょう。

スクワットや腕立て伏せなども骨端線に負担をかけてしまいますので、ほどほどにしましょう。

軽いダンベル、負荷の軽いゴムユー部などを使って、軽負荷トレーニングを行うことをおススメします。

なるべくゆっくりとした動きで、反動を使わずにトレーニングすると、より効果を挙げることができます。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

スポーツ(野球)をしている子の食事の実例
スポーツ(野球)をしている子の食事は、いったいどんなものが良いのでしょうか? ......
子供のイメージトレーニングのやり方
ここでは子供のイメージトレーニングのやり方を紹介していきたいと思います。 まず......
子供のトレーニングメニューの作り方
子供のトレーニングメニューの作り方で一番大切な事は、その子供の年齢に合わせると......
子供の持久力
子供の持久力を上げるには、どんな事をしたらいいのでしょうか? 一般的には水泳や......
子供のランニングの注意点
子供にランニングさせる時の注意点として、二つのことが挙げられます。 水分補給に......

▲このページのトップへ


美味しくて溶けやすい!
体を大きく、力を強く!
成長期をサポートします
負けない体を作りましょう!




HOME

携帯版のQRコード

野球少年に教えてあげたい少年野球の知識:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://e-hadith.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。